活動拠点・・・京急線で痴漢プレイ

朝の京急線。
これが私のメインの活動拠点。
 
なぜ京急線なのか?

それは、、、私の通勤ルートだからですw

某地下鉄から、上大岡で京急に乗り換え。
そこからの数分~数十分が、至高の時間。

上大岡―横浜―京急川崎

この区間、朝の7時台~8時台が程よく混みあい、絶好のプレイ環境になる。

私の痴漢は、あくまで「プレイ」です。

リアルの痴漢ではありません。

事前にネットやブログで、同じ嗜好の女性と出会い、示し合わせて痴漢プレイに耽ります。

それでも、かなりの興奮を得られる。

正直、普段の通勤中でも、リアルにしたい衝動に駆られるときがある。

しかし、やってしまえばそれは犯罪だ。絶対にしてはならない。

だから私は自分なりにこの、強い性的欲求を満たす方法を模索した。

それが、痴漢プレイである。

性的興奮という意味では、リアル痴漢には及ばないのは百も承知だが、

お互い合意の上の「痴漢プレイ」ならではの良さも沢山ある。

まずは、安心、安全であること。

お互いメールでのやりとりなどで合意した上での行為であるため、捕まるリスクが少なく、安心して楽しめる。

次に、二人とも同じ嗜好・思考であること。

触りたい。触られたい。

痴漢したい。痴漢されたい。

でも、リアル痴漢は危険だからしたくない。されたくない。

このお互いの共通認識があるため、痴漢プレイに集中できる。

、、、そんなの、何が楽しいんだよ?w

という、リアル痴漢の興奮・快感にどっぷり浸かった方々の意見もあるかと思いますが、私はこれでも十分楽しめるんです。

そして、お相手の女性も、私と近い嗜好・思考なのです。

他にも、痴漢プレイならではの楽しみがいくつもあります。

それは今後、このブログで書いていきたいと思います。

★触られたい・痴漢されたい女性の方へ

痴漢されたい女性専用応募フォームからご連絡ください。
折り返しご連絡いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする